尿失禁対策をメディカル視点で一挙解決|下半身の悩みも消える

医者

種類に合わせた療法

お年寄り

尿失禁の対策は医療機関などでも教えてくれます。重要な対策としては骨盤底筋などを鍛えるトレーニングをすることですが、これは自分でも行なうことができます。医療機関を使えばより詳しく検査をし、一人一人に合わせた尿失禁改善ができるのが魅力です。軽い尿漏れなら家庭での対策でもなんとかできますが、中々治らない場合は病院でしっかり治療できるようにしましょう。尿失禁と一言でいってもいろんな症状があります。その種類は様々で、主なものでいうと腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁です。この二つの違いだけでも治療法は異なってきますので、対策方法を間違わないようにしたいものです。尿失禁は他には溢流性尿失禁というものがあったり、機能性尿失禁があったりします。機能性尿失禁は肢体不自由や痴呆症の人にみられます。

尿失禁の種類別で二つのものを調べ、対策法を知れば安心して治療をすすめることができます。まず、腹圧性尿失禁ですが、咳やくしゃみをした際に出てしまうという症状になっています。これは尿失禁の中でももっとも多いものであり、骨盤底筋が緩んでいるのが原因です。妊娠出産を経た後に出ることが多いのですが、自然に治らない場合は病院などで対策を施す必要があります。太っている人が排便する際にも骨盤底筋に負担をかけてしまうことになるので、なるべく肥満は解消するようにしましょう。切迫性尿失禁は尿意を感じた瞬間に失禁してしまうタイプの症状で、膀胱の異常収縮を治すことが大切な対策です。