尿失禁対策をメディカル視点で一挙解決|下半身の悩みも消える

医者

尿の悩みは話しづらい

女性

下半身の話題は相談しづらいのですが、医療機関なら的確な検査と治療を提案してくれます。尿漏れは女性に多い悩みとなっており、出産や妊娠などをきっかけにして症状が出てくる場合もあります。

Read more...

種類に合わせた療法

お年寄り

筋肉を鍛えることは自分でもできますが、正確に自分の身体の状態を把握することはとても難しいです。尿失禁にもいくつか種類があるので、対策もその種類によって異なってきます。

Read more...

三人に一人が悩む

先生

女性の多くは尿もれに悩んでいるといわれています。しかも加齢によって徐々に尿失禁に悩む人は増加し、40代の女性でいえば実に3人に1人が悩む症状なのです。40代の女性は腹圧性尿失禁に悩む人が多いですが、その他にも色々と失禁の種類があります。切迫性尿失禁を始め、混合型尿失禁もあります。この種類によって対策方法が異なってくるので、自分や周囲の人の尿漏れを対策するには正しく症状を見分ける必要が出てきます。例えば機能性尿失禁なのに腹圧性の対策である筋力トレーニングをしていてもあまり意味がありません。機能的な問題で尿漏れが発生してしまう要因は運動機能の低下と判断力が低下することがあげられます。トイレに行くまでの時間が間に合わなかったり、痴呆でトイレに行くのを忘れていたりといった問題で尿漏れが起こるので、対策としては痴呆の治療とともに行きやすい場所にトイレを用意するなどの工夫が必要です。

このように、それぞれの症状に合わせて尿の問題を解決していく必要があります。尿の問題は男性も女性も共通して泌尿器科で対策を行ないますが、尿漏れの場合は婦人科でも治療が行なわれています。泌尿器科はその他にもいろんな治療をしているので、悩みがあるなら相談してください。特に下半身に起こってくる問題は、問題を一人で抱えがちになってしまいます。医療機関では正しく身体の機能を把握し、適切な治療を施してくれるので気軽に相談して問題を解決に導くことができます。

ケアのことを知る

スポーツ

悩みの多い尿失禁を治すためには家庭や病院でのケアが必要になってきます。筋肉を鍛えるためのトレーニングをしたり、服薬をしたりするのも大切なことです。重度であれば手術に踏み切ることもあります。

Read more...